QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2010年08月16日

抗がん剤の治療と脱毛

なぜ髪が抜けてしまうの?

はやい細胞分裂で増殖しているがん細胞を狙って、

抗がん剤を投与するのが化学療法です。

しかし、抗がん剤はがん細胞だけでなく、

正常細胞にもダメージを与えます。


そのため、抗がん剤の種類、組み合わせ、量によって

口の中の粘膜細胞や髪の毛根細胞などの分裂の早い細胞などが、

ダメージを受けることもあります。

脱毛や口内炎などの副作用がおこるのはこのためです。
(発生時期や程度には個人差があり、まったく副作用のない人もいます。)


どのように抜けるの?

抗がん剤の治療が始まってから、すぐに脱毛が始まるわけではありません。

薬が効き始めてからの副作用ですから、

多くの場合、1~3週間後に始まります。

頭皮の見えるほど、脱毛症状の激しい人でも治療終了後3~6ヶ月で必ず生えてきます。


ご自身のの髪が元通りになるまでの期間は、

男性で2~3ヵ月女性で6ヵ月~1年くらいです。

脱毛している間の生活の質を高める方法として、

ウイッグ(かつら)をつけたり、

帽子やスカーフなど使用する方が多く、いらっしゃいます。


同じカテゴリー(kirokaについて)の記事画像
価格表
医療用リングウィッグ
キロカへのアクセス
同じカテゴリー(kirokaについて)の記事
 価格表 (2010-08-17 01:00)
 医療用リングウィッグ (2010-08-16 23:00)
 キロカへのアクセス (2010-08-16 21:00)
 ご注文から完成までの流れ (2010-08-16 19:00)
 ウィッグの基礎知識 (2010-08-16 12:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。